【受付は終了いたしました】ドイツ語で案内する「弘前公園」6月11日他全4回

多言語で弘前を案内しようシリーズ第一弾!

東京オリンピックまであと3年!今年の弘前さくらまつりでも台湾、上海、オーストラリア、ドイツ、イタリア、ロシア、ベトナム、タイなどなど海外の方がたくさんいらしていました。弘前でも年間を通して、各国からの観光客の方は年々増えています。

弘前を訪れる海外の方に、その方の母国語で公園を案内出来たら素敵ですね。

今回は 講師のドイツからの留学生とドイツ語での弘前公園の案内について学びます。

天守閣は最初五層だった⁈、日本で一番古いソメイヨシノはなぜ弘前公園にあるのか?などなど、ベースになる弘前公園の情報は日本人の友人を案内するときにも役立ちます。

楽しみながらも depthに弘前公園を案内できるドイツ語のフレーズを、実際に歩きながらわいわい学びましょう。

 

日時 6/11(日)、25(日)、7/9(日)、16(日)

全て10:00~12:00(雨天決行)

場所 弘前公園 その他

内容 ドイツ人講師と一緒に学ぶドイツ語公園案内

講師 Maike Regh (マイケ レグ)さん

 

<各回テーマ(予定)>

第1回 ハート尽くしの弘前公園、新しい魅力

第2回 弘前公園の桜、長生きの秘密

第3回 天守閣今昔、五層から曳家まで

第4回 弘前公園の桜はりんごと深い縁がある

 

定員 10名程度(最少催行5名)

料金 全4回分 8,000円(学割6,000円)

単回参加については別途ご相談ください

※初回に全4回分集金させていただきます。

締切 6月6日(火)

 

主催 たびすけ合同会社西谷

申込 たびすけ 電話(0172-55-0268)、またはメール info@tabisuke-hirosaki.jp

 

①代表者指名 ②代表者携帯番号をお知らせください。

当日集合場所等はお申し込み時にお伝えいたします。

気になる方はこちら!